あの幻の問題作が還ってくる!? モンスターシーン骸骨を組み立ててみた

洋モノプラモデルキットの紹介が続きますが、今日は新製品ではなく久々に入荷予定の問題作、

デンコム 1/13 モンスターシーン SKELETON(骸骨)

のお話。まずは商品紹介から。

1970年代オーロラの超問題作「モンスターシーン」シリーズは、近年ではメビウスモデルが復刻キットを発売しそのカルト的人気を再認識させられました が、今度はアメリカの新興メーカー「デンコム」が新金型プラスチックモデルキットで、モンスターシーンのキャラクター達をリリースします。
いずれも初回だけの限定生産。メーカー在庫が切れた段階で絶版となる予定です。

Dr.デッドリーの実験室で不気味に吊り下げられた骸骨をキット化。
ヘッドの表情は3種類から選択して製作可能。骸骨パーツは蓄光処理されているので暗闇で淡く光ります。
おどろおどろしい雰囲気を盛り上げる絞首台とベースが付属。さらにモンスターシーンアーティスト”ジム・クレイグ”によるミニコミックとピンナップポスターも付属しています。

モンスターシーンファン垂涎のレアキットです。

これは2011年にこのキットが発売された時の商品案内文ですが、ここに書いたように当時は初回限定で絶版ということで本当にその後は再販も入荷もしなかった商品だったのです。

ところが、2016年の今年になって何事もなかったかのように突如復活。晴れて再入荷が決定しました!! 

ということで、サンプルが届いたので一体どんなキットなのかを簡単にお見せします。

開封の儀

いったいどんなパーツが入っているんだろう?とんでもなく酷いキットだったらどうしよう?
期待と不安でいっぱいになりながらシュリンクをペリペリと破り取るこの瞬間が、輸入キット最大の楽しみという方も多いのでは?

img_4817

箱の裏にはこんな魅力的な完成品の写真と商品説明が並んでいます。

  • 1/13スケールのフルディテールキット
  • グローイン・ザ・ダーク(蓄光)で成形されたパーツ
  • 全高約19cm
  • 絞首台付属
  • 3種類のヘッド付属
  • イラストによる組み立て説明図付属
  • “ジム・クレイグ”によるミニコミックとピンナップポスター付属

ということです。

さて、中身ですが

全パーツ。ほぼ一体成形のボディが見事です。

ミニコミックと組み立て説明書が印刷された小冊子。

ボックスアートのピンナップポスター。

パーツそのものは昔懐かしい感じのディテールですが、なんとも言えないガレージキット的な味を感じる構成です。

組み立てました

パーツの紹介だけにしようと思っていたのですが、パーツ数も少ないので組み立ててみました。

骸骨さんが組み立て説明をしてくれます。いろいろ丁寧に説明してくれる骸骨さんですが、絵をみて作れば組み立ては問題ありません。

全パーツでこれだけなので、絵を見る必要もないくらいなのですが。

ということで、あっという間に組み立て完了。

img_4813

色なんか塗らずこのままで十分です。色を塗ってしまうとせっかくのグローイン・ザ・ダークが台無しです。

で、部屋を暗くしてみました。

img_4815

ちょっと画像では分かりづらいですが、緑色にボーっと光る骸骨が素敵です。

息抜きモデリングには最適な骸骨。机上のインテリアに、ホラー好きの方へのプレゼントにぜひどうぞ。日本入荷は2017年1月の予定です。3,200円(税別)