グループAの人気車5選には必ず入れたい1台が1/24 プラモデルで登場

この記事をシェアする

プラッツ/NuNu 1/24 BMW M3 E30 Gr.A 1990 インターTEC クラスウィナー in 富士スピードウェイ

熱い時代の走りが心に響くキットです。

日本のサーキットにツーリングカーが熱い走りを繰り広げたグループA時代。排気量ごとにクラス分けされ、それぞれのクラスで熱いバトルが繰り広げられました。それはもうサーキットのアチラコチラで繰り広げられ、レースが始まればもう目を離す暇もないほどでした。

総合優勝はもちろん、各クラスでのバトルも見逃せなかったのがグループA、全日本ツーリングカー選手権の時代でしたね。

その中で中間クラスの名優といえばBMWのM3でしょう。

ドイツのBMWが仕上げたM3は1987年にホモロゲーションを取得。サーキットに登場するとまたたく間にドイツ国内やヨーロッパのツーリングカーレースを席巻。タイトルを総なめにしていきます。

そんなBMWは日本市場にアピールするべく日本のグループAレースにも参戦。

1987年のSUGOグループA300kmレースが日本デビューとなりました。

1.6~2.5リッターのマシンで争われるディビジョン2クラスにカテゴライズされたBMWのM3はまず、オートビューレック・レーシングチームの手で活躍。その実力を見せつけられた各チームが続々とBMWのM3を導入。1990年シーズンには7チームから9代がエントリーすることとなったのです。

その1台が今回ご紹介するブルーのマシン、B-ingなのです。

オーバーフェンダーの膨らみが魅力のボディ

当時のBMWといえばちょっと洒落た車の一つだったと思うのですが、M3は前後に張り出したオーバーフェンダーが力強くて、迫力でしたね。

もちろん今回のキットは1990年の日本のツーリングカー選手権に参加していたM3ですからボディは迫力あるオーバーフェンダー装備。

一体パーツでしっかりと再現しているのがいいですね。

実はノーマルの320とは異なっているリアのトランクリッドの位置やリアウインドウの傾斜角度の違いなども再現されています。

仕上がり全長約180mmのボディパーツは細部のディテールも見逃せません。

フロントはバンパーやキドニーグリルなどを別パーツで表現した立体的でシャープな仕上がりです。

ボンネットは別パーツになっています。

シャーシ下面パーツにはエンジンの下面部分も表現されていますから、ぜひ自作にも挑戦してください。

マーキングは日本ではおなじみのブルーにイエローロゴ

マーキングは1990年に富士スピードウェイで開催されたインターTECに参戦、ディビジョン2クラス優勝に輝いたカーナンバー29を再現しています。

当時を知るモータースポーツファンにはおなじみのマーキングですよね。

熱い走りの、熱狂のグループA時代が蘇るマーキングです。

同じプラッツ/NuNuのシリーズには他にもイエローのオートテックやBMWの3色カラーのマーキングなどの各モデルがラインナップされていますから、作り揃えてみるのもおすすめです。

プラッツ/nunuの最新モデル1/24 BMW M3 E30 1988年スパ24時間レース ウィナーのキットがいよいよリリースです!! 2...

グループA時代のコクピットもスパルタンに再現

ドライバーがそのテクニックを披露するコクピットはもちろんロールケージからダッシュボードのメーター類まで詳細にモデル化しています。

時代を感じさせるのはフロアから生えたシフトレバーだったり、レーシングバケットシートではあるもののほぼノーマルと同じ位置にレイアウトされたシートなど、最新のGT3などが採用するパドルシフトであったり、デジタルの計器類ではないところが時代ですね。

ロールケージは5つのパーツに分割されていますが組み立ても確実で、スパルタンな表情を雰囲気たっぷりに再現してくれます。

ウインドウパーツは外はめ式

前後左右のウインドウパーツはそれぞれ別体でボディの外側から貼り付けるタイプ粗採用しています。

一体で内側からはめるタイプとは違う方式ですが、組み立てやすく、ボディとのフィッティんッグもいい方式だと思いますがいかがでしょうか。

シャーシ下面のメカニカルな仕上がりもこの時代のマシンならでは

シャーシ下面パーツもサスペンションアームやドライブトレインなど別パーツ化され、立体感溢れる仕上がりが楽しめます。

この再現が楽しめるのもこの時代のマシンならではでしょうか。最新モデルだとフラットボトムだったり、平らな板がついているだけって感じですからね。

フロアパンのプレス模様が自動車らしくて担当は好きです。

そして、足回りを引き締めるのはタイヤ。

ベッタリと車高を落とした雰囲気を再現するためもあってタイヤは外側と内側の厚みを変えて、キャンバーが付いて路面をしっかりと掴んだ雰囲気を再現しています。

1990年代のサーキットの熱気を感じる1台。見逃せませんね。

プラッツ/NuNu 1/24 BMW M3 E30 Gr.A 1990 インターTEC クラスウィナー in 富士スピードウェイ 4,200円(税込:4,620円)

全国の模型店、家電量販店模型売場、オンラインショップなどで2021年9月中旬発売予定。

ホビコレでもご購入可能です。

プラッツ/NuNu 1/24 BMW M3 E30 Gr.A 1990 インターTEC クラスウィナー in 富士スピードウェイ用ディティールアップパーツ

ディテールアップはエッチングで

このセットに専用のディテールアップパーツセットも用意されています。

ブレーキディスクなどのエッチングパーツとシートベルトだけではなく、しっかりとカーボンデカールも用意しています。シートパーツの背面に貼って使用するデカールです。

こういったディテールアップパーツは無理にすべてを使う必要はないと思いますが、セットでご利用いただき、上手くポイントを絞ってディテールアップに腕をふるっていただくのも良いでしょう。

プラッツ/NuNu 1/24 BMW M3 E30 Gr.A 1990 インターTEC クラスウィナー in 富士スピードウェイ用ディティールアップパーツ
2,200円(税込:2,420円)

全国の模型店、家電量販店模型売場、オンラインショップなどで2021年9月中旬発売予定。

ホビコレでもご購入可能です。

動画でご紹介

プラッツ公式You Tubeチャンネルでもご紹介しています。

あわせてご覧ください。