2022年の年の瀬に間に合った、「生きててよかった」と思える大型キット

新製品情報

メビウスモデルの「2001年宇宙の旅」キットシリーズには、毎度毎度「生きててよかった」としみじみ思わされております。

2022年もあと数日でおわりというこの押し詰まったときに、またまた「生きててよかった」と思うキットが発売されました。それも2点も。

2001年宇宙の旅 1/72 オリオン号 スペースクリッパー

1/72スケールというとてつもない大きなサイズで「2001年宇宙の旅」に登場したオリオン号が本当にプラモデルとして発売されました。

メビウスモデルによる完全新設計・完全新金型の2022年最新キットです。

ボリューム感はこんな具合。すべてがデカイです。組み立てれば全長70cm超えの大型サイズ。

1/72というスケールを活かし、コクピットも含め内装も徹底的に再現されています。シートのパーツがずらりと並んでいるのが見えますね。

主翼も細かなディテールが施されています。エンジンカウルも大きいですね!

この大きさにも関わらず、展示用のスタンドが付属しています。

詳細な組立説明書が付属。英語が苦手な方のために、プラッツでは日本語対訳をwebから参照できるようにしています。

2001年宇宙の旅 1/350 オリオン号 スペースクリッパー (コンパクトスケール)

そしてもう一つ、こちらは1/350スケールのオリオン号。同スケールのディスカバリー号と並べてディスプレイしたいところです。

パーツ数は至ってシンプル。1/72の大きさとパーツ数に躊躇したかたも、これなら組み立てられそうです。こちらもディスプレイスタンドが付属しています。

さらにコンパクトスケールの強みを活かし、表面のディテールをデカールで再現しています。手軽に精密感を演出できる素晴らしいデカールです。

 あ、1/72,1/350ともに例のマークはデカールには含まれません。

オリオン号の大きさの比較。過去にメビウスでは1/144のオリオン号も発売していますが、今回の1/72と1/350のキットを比較するとこんな感じになります。

2001年宇宙の旅 1/72 オリオン号 スペースクリッパー

2001年宇宙の旅 1/350 オリオン号 スペースクリッパー (コンパクトスケール)

待ちに待ったオリオン号、今年一年、頑張った自分へのご褒美としておひとついかがですか?

全国の模型店、オンラインショップで好評発売中。

ホビコレでもご購入可能です。

タイトルとURLをコピーしました