イタリアの風を感じろ! ランボルギーニのプラモデル新製品3種

カウンタック

スーパーカー界のスーパースター

ランボルギーニ カウンタックは日本的にはスーパーカーブームのまさに主役のマシン。

そのスタイル、メカニズム、どこを取っても心躍らされます。スーパーカーの始祖といわれるのはランボルギーニがカウンタックの前に開発したミウラだといわれています。ミッドシップに12気筒を搭載。これがスーパーカーの基準となりました。

もちろん、それまでにもそうした成り立ちの車はありましたがそれらはレーシングカーをロード仕様にしてユーザーに販売したというイメージで決して快適なロードカーではありませんでした。ミウラから始まったスーパーカーにはそうしたハイパフォーマンスにロードカーとしての快適性も加えられ、新たなジャンルを確立したのです。

中でもカウンタックに多くのファンが惹かれるのはさらにその成り立ちやかかわったスタッフの情熱がドラマチックで知れば知るほど惹きつけられるからではないでしょうか。

実車のイベント会場で見かけたカウンタック。

カウンタック

また、日本にはこんなにたくさんのカウンタックが生息しているんですよ。圧倒的な人気がよくわかります。カウンタック

1/24 カウンタック/ディアブロは全日本模型ホビーショーでも人気でした

先日開催された全日本模型ホビーショー会場 プラッツブース内の新製品のなかでも、多くのモデラーの視線を集めていたのが1/24のランボルギーニ カウンタック/ディアブロの3種類のキットでした。

人気車種ゆえに様々なメーカーからもカウンタックのプラモデルは発売されていますが、今回のキットの売りはなんといえってもカウンタックの地元イタリアのメーカー イタレリが作ったパーツということ。

期待通り気合が入っているようで、カウンタックはどちらもエンジンをフル再現。12気筒を縦置きしているメカがモデルでも凄みを感じさせる仕上がりです。

イタリア製と聞いてちょっと躊躇しているあなた。ご安心ください。今回のキットは本体パーツはイタレリ(イタリア製)パッケージ・説明書・デカールはプラッツ(日本製)という内容。

カウンタック

つまり海外キットということを意識せず、国産キットの感覚で組み立てができると言うことなのです。説明書はすべて日本語。さらにデカールもプラッツが新規作りおこした日本だけの特別仕様。まさに至れり尽くせりのキットです。

カウンタック デカールカウンタックのデカールはこんな感じ。メーター類やエンブレムなど基本マーキングに加えてライセンスプレートも欧米に加えて日本仕様も用意。デカール印刷はこれもイタリア製 カルトグラフです。

ランボルギーニの熱意と情熱を模型で感じる!!

巨大なV型12気筒をミッドシップに縦置きし、無理なくコンパクトに収めるために、試行錯誤してまとめ上げたのがカウンタックのレイアウトでした。そこには数々のアイデアと工夫、理想と妥協が垣間見え、知れば知るほど興味深く魅力的に映るのです。

模型でもしっかりと再現されている縦置きエンジンの配置。前後逆転して搭載したレイアウトはまさに、そんな工夫の中から生まれたものに違いありません。そして、それを包み込むフレームワークは鋼管スペースフレームで、多くのパイプが複雑に組み合わされて出来上がっています。当初はモノコックとして設計されていたものを急遽、スペースフレームに置き換えたといわれ、芸術的なまでのフレーム構成になったのだそうです。

模型でもその全容とまではいきませんがエンジン回りのフレームワークが再現されています。質感など考えて塗装に変化をつけて仕上げてみるのも楽しみのひとつです。

またカウンタックの後継車両として登場したディアブロは一回り大きくなって居住性も増し、理想のスーパーカーに近づいたと言えるのでしょう。そのスタイルから放たれるオーラは実車はもちろん模型でも変わりません。それはカウンタックを生み出したスタッフの情熱が伝わってくるからに違いありません。

模型とはタイプが少し違いますが実車イベントで見かけたディアブロです。ディアブロ

今回発売するプラモデルは3種類。

今回発売するランボルギーニ スーパーカーは3種類。

1/24 ランボルギーニ カウンタック LP5000 クアトロバルボーレ

カウンタック実車はスーパーカーブームの火付け役となったカウンタックのエンジンを4バルブ化したモデルで1985年に登場しました。

キットはウエッジシェイプにリヤウイングを装着したカウンタックならではの個性的なスタイルを仕上がり全長17.1cm、パーツ点数150点で再現。
V型12気筒エンジンからミッション、それを取り囲むスペースフレームなどまでしっかりと再現したフルディテールモデルです。
インテリアもスパルタンな雰囲気を伝える詳細な再現が見逃せません。

カウンタック

2018年10月中旬発売予定  3,900円(税別)

1/24 ランボルギーニ カウンタック 25周年アニバーサリー

カウンタック実車はスーパーカーブームを代表するカウンタックの最終モデルで、1988年にランボルギーニ社の創立25周年を記念して作られました。

キットはミッドシップの12気筒エンジンやそれを取り囲むスペースフレームなども再現したフルディテールモデルです。エンジンフードは開閉可能。
別パーツのオーバーフェンダーやトレッドパターンもリアルな太いタイヤにメッキパーツのホイールが外観を引き締めます。

仕上がり全長18cm、パーツ点数は145点。

2018年10月中旬発売予定  3,900円(税別)

1/24 ランボルギーニ ディアブロ

カウンタック実車はカウンタックの後継として1990年にランボルギーニが送り出したV型12気筒をミッドシップに縦置きするスーパーカーです。

キットは4輪駆動タイプを仕上がり全長18.6cm、パーツ点数93点で再現。

エンジンフードは開閉可能で、内部にはエンジン上部が雰囲気たっぷりに表現。
また、シャシー下面にはサスペンションアームやドライブシャフトなどが別パーツでモデル化され、4WDのメカニズムを立体的に再現。
インテリアもドアの内張まで質感ある仕上がりです。

2018年10月中旬発売予定  3,900円(税別)

全国の模型店、家電量販店模型売場、ネットショップなどでご購入可能です。

ぜひイタリアンな風を感じながらお楽しみください。