今度はA-10&OV-10だ! エフトイズ新作 ウイングキットコレクション VSシリーズ第12弾のパッケージを開けてみた

この記事をシェアする

1/144 ウイングキットコレクション VS12

1/144 ウイングキットコレクション VS12

独特な形に秘めた力強さ。攻撃機の魅力が手のひらに。

きっとファンの方は多いに違いないと思っています。A-10 サンダーボルトII またの名をウォートホッグ(イボイノシシ)です。

空飛ぶ重戦車とも呼ばれる重武装、そして、重装甲はこれが飛行機って思うほどの半端ない装備ですよね。地上攻撃機としての機能に特化した設計はそれなりの歯切れの良さというか、わかりやすさとでも言える形を作り出すんですね。

2019年の横田基地日米友好祭 フレンドシップ・フェスティバルでも大人気でした。

1/144 ウイングキットコレクション VS12
さて、A-10が正式採用されたのは1973年のこと。なんと47年も前。現在も現役で運用されているわけで、半世紀近くも第1線で活躍している。これを傑作機と言わずなんと言うのでしょうか。

1/144 ウイングキットコレクション VS12 1/144 ウイングキットコレクション VS12 1/144 ウイングキットコレクション VS12 1/144 ウイングキットコレクション VS12

エンジンが2基、背中に装備されているのも地上からの対空攻撃に少しでも防御力を高めるためであったり、空力的にはメリットはないにもかかわらず、車輪は完全に収納されずに一部が露出しているのも不時着する際に少しでも危険を回避できるように考えられた設計であったり、操縦席は400キロにも達するチタン合金で囲われていたり、いかに生存率を高めるかを考えた設計の結果のスタイル。
無駄がないっていうんでしょうか、理詰めと言うんでしょうか、A-10の魅力のポイントなんだと思います。

今回の第12弾ではそんなA-10ともう一つ、1968年に運用が開始され、現在も同じく現役で活躍している軽攻撃機、OV-10 ブロンコもモデル化しています。非正規戦に対応するために開発された機体ですね。双発であったり、直線翼であったり、座席は装甲板で保護されていたりと、A-10と共通する部分も見られます。

1/144 ウイングキットコレクション VS12 1/144 ウイングキットコレクション VS12 1/144 ウイングキットコレクション VS12 1/144 ウイングキットコレクション VS12 1/144 ウイングキットコレクション VS12

さて、モデルは今回も塗装済みの組み立てキット。機体形状やパネルラインの再現は実感もたっぷり。ディスプレイスタンド付きで、脚の再現もメカニカルです。

1/144 ウイングキットコレクション VS12 1/144 ウイングキットコレクション VS12

OV-10は大きなキャノピーでコクピットのディテールも見逃せない仕上がりが楽しめます。
戦闘機とは一味違うスタイルが見逃せない機体が魅力のキットです。

1/144 ウイングキットコレクション VS12 1/144 ウイングキットコレクション VS12

ラインナップは全9種類+??

  • OV-10A アメリカ空軍 第19戦術航空支援飛行隊
  • OV-10A 西ドイツ空軍 射撃中隊
  • OV-10A アメリカ海軍 第41対潜飛行隊
  • OV-10B タイ王室空軍 第411飛行隊
  • OV-10C アメリカ海兵隊 第1海兵観測飛行隊   
  • A-10C アメリカ空軍 第74遠征戦闘飛行隊
  • OA-10+ アメリカ空軍 第21戦闘飛行隊
  • A-10A アメリカ空軍 第66戦闘兵器飛行隊
  • A-10A アメリカ空軍 第333戦術戦闘訓練飛行隊

仕上がりサイズ

  • A-10:全長約113mm、全幅約122mm
  • OV-10:全長約89mm、全幅約85mm

1/144 ウイングキットコレクション VS12

2020年2月17日発売予定

品 番:FT60420
単品コード:4582138604207
BOXコード:84582138604203

1/144 ウイングキットコレクション VS12 1個580円(税別)