80年代を彩る、鮮やかなピンクが映えるポルシェ935K3 プラモデルで登場

この記事をシェアする

プラッツ/nunu 1/24 ポルシェ935K3/80 1980ル・マン24時間レース

1/24 レーシングシリーズ ポルシェ 935 K3 /80 1980 ル・マン24時間レース  4,200円(税込:4,620円) 好評発売中

パーツはしっかりと80年仕様にアップデート

プラッツ/nunuシリーズに935K3(ポルシェ 935 K3 ’79 ル・マン WINNER)が登場したときにこのマシン開発の期待も大きかったはず。

レーシングカーファン待望の1台クレマー・ポルシェ935K3、いよいよ発売です ホビーショーから話題を集めていたプラッツ/nunuの新製...

お待たせしました。ポルシェ935K3/80、2021年9月ついに発売しました

一見同じように見えるボディですが細かなディテールが改良されて1980年仕様にアップデートされていたのは御存知の通り。モデルでもしっかりと新規金型で新規パーツを投入してその違いを表現しています。

リアフェンダーの上面、リアウイングの形状など、その違いを再現するために新規パーツになっています。

1979年優勝車仕様のパーツも不要部品として表示されていますが、しっかりと入っていますのでその微妙な違いを比べてみるのも面白いかもしれません。

ボディのリアフェンダー部分の分割を見ると合わせが気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、最新の技術はちゃんと合いますからぜひ、その手で確かめてみてください。

ホワイトとピンクの塗り分けに漢字のロゴ

ポルシェと言えばこのカラーリングというモータースポーツファンの方は多いんじゃないでしょうか。担当もその一人です。

そして、ポイントはマーキング。もちろん、大型のデカールで表現します。

デカールは3枚組。そのうちの1枚はヘッドライトカバーの縁やホイールカバーのメッシュの表現ですが、ボディマーキング関係は残りの2枚でしっかりと再現します。

人気のカラーリングはピンクとその縁取りのグレイのラインをデカールで表現。まずはボディをホワイトに仕上げてからこのデカールで塗り分けを再現します。

ピンクの色味も塗装ではなかなか考える部分ですからピンクの部分を全面デカールで再現するのは手軽な仕上がりに嬉しい配慮でしょう。

塗り分け部分のデカールを貼った上に別のデカールシートにまとめられたスポンサーロゴなどを貼っていきます。

海外のファンに今持って人気の高い漢字のロゴや細かなロゴがしっかりと再現されているのは言うまでもありません。

デカールを見ただけで仕上がりが待ちきれなくなります。

シャーシなどの再現はもうおなじみのクオリティ

そして、シャーシやコクピットは79年の優勝車バージョンと同じく細かすぎず、省略しすぎず、いい感じのリアリティある仕上がり、立体感あふれる再現が楽しめます。

プラッツ/nunuならではの手慣れたパーツ構成など、見逃せませんね。

すでに79年のル・マン24時間優勝車仕様のキットを作ったという方、ぜひ作り比べを。日本のモータースポーツファンにはコレクションに欠かせないキットです。

1/24 レーシングシリーズ ポルシェ 935 K3 /80 1980 ル・マン24時間レース用ディテールアップパーツ 2,900円(税込:3,190円)

合わせてお勧め

そして、このキットでも専用のディテールアップのセットが用意されています。エッチングパーツや金属製のアンテナパーツ、シートベルトなど。

こちらも合わせてお勧めです。

プラッツ公式You Tubeチャンネルでもご紹介しています。

あわせてご覧ください。

その他にも資料集としておすすめなのはスポットモデルから発行されるコマカイブックスの写真資料集も待ち遠しいですね。

キット本体、ディテールアップパーツともに全国の模型店、家電量販店模型売場、オンラインショップなどで好評発売中。

ホビコレでもご購入可能です。