キャノピタン それは透明パーツ専用接着剤

透明パーツ接着の救世主現る!?

キャノピタンプラモデル製作の過程で、透明パーツの接着は工程のほぼラストに行われる一大イベントといっても過言では無いでしょう。

組み上げた機体や車体に美しく磨かれた透明パーツを接着・・・・・・・と思ったら、接着剤がわずかにはみ出してパーツを汚したり、慌ててリカバリーしようとして更に被害が拡大したりした経験はありませんか?

またレジンキットなどに透明パーツを接着する際、瞬間接着剤を使用しパーツを白く曇らせてしまった(いわゆる白化)経験も皆さんあるのでは?

そんな透明パーツの接着が一気に楽になる新アイテムが「キャノピタン」です。

キャノピタンはアメリカ世界最大規模のプラ素材メーカー「エバーグリーン」が開発した接着剤。エバーグリーン社ならではの、使いやすさを追求した接着剤です

一般的な溶解系のプラモデル用接着剤とは異なり、溶液系の接着剤なので樹脂や塗装面を侵すこともありません。

水溶性で完全に乾燥するまで24時間程度かかるので接着後の微調整も可能。

さらに接着剤のはみ出しも水で拭き取るだけでOK。水分で拭き取ればきれいに修正が可
能なのも魅力です。

乾燥後は透明になるのできれいな仕上がりが期待できます。

また溶液系の接着剤なのでプラスチック同士はもちろん、レジンやABS樹脂、ビニール、木材などにも使用できるのも高ポイント。

使い方は簡単。

キャノピタンボトルからそのまま接着剤を塗布しようとすると大量に出る恐れがあるので、いったんキャノピタンを爪楊枝や筆などに取り出します。

キャノピタン次に接着面にキャノピタンをまんべんなく塗布します。

キャノピタン胴体にキャノピーを接着。このとき、多少のはみ出しは気にしなくても大丈夫。

キャノピタンはみ出し部分を水をつけた筆や綿棒などで拭き取っていきます。キャノピタンの完全乾燥時間は24時間ですが、水での拭き取りは固まる前に早めにおこなっておくといいでしょう。塗装面やクリアパーツを汚すことなくきれいに拭き取ることが可能です。

キャノピタンあとは完全乾燥までじっと我慢。乾くと透明になるので、キャノピー内側に少しはみ出しても目立ちません。

飛行機モデル、カーモデル、キャタクターモデルなどジャンルを問わず重宝すること請け合いの透明パーツ専用接着剤 キャノピタン

モデラーの必需品になること必至です。

8月発売予定 750円(税別)

キャノピタンは全国の模型店、家電量販店模型売場、オンラインショップなどでご購入いただけます。

キャノピタン