プラッツ/nunuの1/24 BMW M6 GT3 2020年ニュルブルクリンク耐久シリーズ ウィナー 発売!!

この記事をシェアする

お待たせしました。カラーリングが魅力の1台がいよいよリリースです

1/24 レーシングシリーズ BMW M6 GT3 2020 ニュルブルクリンク耐久シリーズ ウィナー PS 4,620円(税込) 好評発売中

ツーリングカーレースの雄、BMWのGT3マシン、M6 GT3は今も世界のサーキットでその姿を見せてくれています。ライバルマシンと各地のレースイベントで覇を競う姿が見られます。

市販のレース車両だけにいろいろなチームが使用し、結果、さまざまなカラーリングが見られるのはGT3マシンならではの魅力です。

そして、皆さんこのキットをお待ちかねの理由はもちろん、そのマーキングですよね。

このマシンのブルーは、さて、皆さんどのメーカーの何で塗装されるご予定でしょうか。

頭を悩ませるポイントに違いありませんね。魅力的な、そして、ご自分のイメージに合ったメタリックブルーをご用意ください。

シルバーを塗装した上にクリアブルーを塗装して見るのも一つの方法かもしれません。

皆さんの腕の見せ所ではないでしょうか。写真や画像ではなかなか表現できる色ではないように思います。これだから正解、間違いというのは言いにくい感じですよね。皆さんが思う色をぜひ、見せていただきたいところですね。

ちなみに説明書ではメタリックブルーで指定しています。

もちろん、皆さんおなじみのゲームのロゴマークなどはしっかりとデカールで再現。デカールは3枚に分割されています。

ストライプ以外は文字、ロゴ関連のマークですから、一つ一つ説明書の指示番号にしいたがって丹念に貼っていただければきれいな仕上がり、間違いなし。コレクションにも映える1台を手にしていただけることでしょう。

ストライプのデカールは画像では見にくいかと思いますがしっかりとメタリックが入っています。

さて、パーツ類です。

基本的にはすでに発売中のプラッツ/nunuのBMW M6 GT3のキットを踏襲した構成です。別のBMWを作られた方ならその分怒る仕上がりの良さは説明するまでもないでしょう。

まずはボディです。

そのフォルムはもちろんですがボンネットのエアアウトレットの深い造形に目が行きます。シャシー側に取り付けられるラジエターのエアダクトパーツと完成後に組み合わさることで立体感、奥行き十分な仕上がりが楽しめる部分です。前後のバンパーパーツは別パーツでそのディテールを表現します。

前述の通り、モデラーとして一番チャレンジングなのがそのボディ色ですね。メタリック、そして、ちょっとマットな仕上がり。独特なブルーがポイントになります。

シャシーは現代の車両ならではですね。ほぼフラットボトム。リアエンドのディフューザーがしっかりと再現されているのは言うまでもありません。

その上に構成されるのがインテリア。

市販車両と同じようなデザインを採用していると言ってもそこはコンペティションマシン、スパルタンな雰囲気が心を引きつける仕上がりです。

ロールバーは部品分割も巧み。組み立てに面倒もなく、形状もしっかりと再現されます。

1/24カーモデルのスタンダードの一つになってきている、いつもながらのプラッツ/nunu テイストの再現とパーツ分割、組み立て。

もちろんこのキットでも変わりありません。

マーキングの違いが楽しいGT3マシンシリーズにぜひ加えていただきたいキットです。

全国の模型店、家電量販店模型売場、オンラインショップなどでご購入いただけます。

ホビコレでもご購入可能です。

純正ディテールアップパーツも同時発売

ディテールアップ用のキット専用パーツセットももちろん同時に発売です。

1/24レーシングシリーズBMW M6 GT3 2020ニュルブルクリンク耐久シリーズ ウィナー PS用ディテールアップパーツ 3,190円(税込) 好評発売中

エッチングパーツももちろんですが、現代のレーシングカーの仕上がりにカーボンデカールは欠かせないのではないでしょうか。

ぜひ、キットと合わせてどうぞ。

2021年7月発売済み

動画でもご覧いただけます

You Tubeで動画でも紹介しております。

あわせてご覧ください。