【プラッツ/NuNu】中東ラリーを制したグループB仕様のポルシェ911を完全新設計・完全新金型でプラモデルキット化【カーモデルキット】

この記事をシェアする

1/24レーシングシリーズ ポルシェ 911 SC RS 1984 オマーン ラリー ウィナー

お待たせしました。開発の発表からリリースまで、ちょっとお待たせしましたがいよいよプラッツ/NuNuから1/24のポルシェ911 SC RSのキットが発売になります。

完全新設計、完全新金型のニューキットです。

サンプルキットができあがりましたので、中身をさっそく見てみましょう。

モデルは1984年に開発されたポルシェのラリーカーですね。今回は中等のラリー選手権の1戦、オマーンラリーで優勝を飾ったザイード・アル・ハジリのドライブしたマシンをモデル化しています。

ボックスアートは砂漠の路面をダイナミックにジャンプする様子を描いています。躍動感が伝わるイラストですよね。このカラーリングがポルシェにはよく似合います。

ジョンブル魂が加わった911

この車両の成り立ちが一味違っているのは、ポルシェファンのみなさんにはご説明するまでもないでしょう。

1984年にグループBの規定に合わせたラリーカーとして開発されています。開発を担当したのはラリーファンにはスバルのラリー活動などでお馴染み、イギリスのデビット・リチャーズ率いるプロドライブでした。

ポルシェからは開発だけでなくラリーチームの運営も任されます。

マシンのベース車両は911SC。そこにプロドライブのエッセンスが加えられたグループBマシンとして開発されたのが911 SC RSです。

ホモロゲーションモデルとして20台、あるいは21台が製造されたと言われていますが、そのうちの6台がプロドライブに残され、ワークスラリー活動のワークスマシンとして残されたようです。

4輪駆動の開発も視野に入っていたようですが、他の911と同じ後輪駆動の2WDでした。

大きな特徴はその重量。ジュラルミンのロールバーやケブラーのリアスポイラーやアルミのボンネット、ドアパネルなどで車重はわずか960kgに仕上がっていたのです。

グループB4WD主流になる中、軽量を武器にした走りに注目が集まったんですね。

ボディスタイルは微妙なフォルムをじっくりと再現

ポルシェファンのみならず、カーモデラーのみなさんが注目するのはやはりそのボディフォルムの再現ではないでしょうか。

この時代の911、難しい面の処理がポイントですね。

写真での印象はいかがでしょうか。ぜひ、手にとって御覧いただきたいのがボディパーツです。

担当はやはりこの時代の911が一番好きですね。

ウインドウのパーツは外からはめるタイプです。

リヤウイングパーツや前後バンパーなどは別パーツでその仕上がりをリアルに表現します。

エンジン下面も一体再現されたシャーシ下面

シャーシ下面のパーツは911のアンダーパネルのディテールもリアルにモデル化。

加えてテールには水平対向6気筒空冷エンジンの下面を一体で表現しています。シリンダーに刻まれた冷却フィンのディテールなどもリアリティを高めています。

エキゾーストパイプはもちろん別パーツで立体感ある再現。300馬力と言われたパワーも伝わってくる感じですね。

前後のサスペンションアームも別パーツを用意。911の特徴的なサスペンションメカニズムが正確に再現されています。

前後にラリーカーならではのアンダーガードパーツが用意されていますが、透明パーツで再現しているところがうれしいですね。

塗装せずに取り付ければ完成後もエンジンや足回りのメカが楽しめますよ。

シンプルな中にスパルタンな雰囲気が楽しめるインテリア

80年代のコンペティションマシン、ラリーカー装備の仕上がりが味わえるのはインテリアの再現。

まだまだシンプルな感じが伝わってきますが、もちろん、ロールバーやダッシュボード、バケットシートなどの装備は確実にモデル化。

ダッシュボードにはコ・ドライバー用のラリー装備が組み込まれているのも表現しています。

もちろんこの時代はフロアシフト。シフトレバーも市販車両と変わらない感じが時代を伝えてくれますね。

マーキングはオマーンラリーウィナー

プロドライブが運営したポルシェラリーチームはこの911 SC RSを使って主にヨーロッパラリー選手権と中等ラリー選手権を舞台に戦っていました。

今回のモデルのマーキングは中東ラリー選手権のオマーンラリーで優勝したザイード・アル・ハジリがドライブしたマシンのマーキングを再現しています。

カーナンバーの1の表記が独特で注目ですね。

そして、ポルシェにはこのカラーリング。

ブルーの塗り分けは塗っていただく形ですがホワイトとの間のゴールドとレッドのラインはしっかりとデカールで用意しています。

1/24レーシングシリーズ ポルシェ 911 SC RS 1984 オマーン ラリー ウィナー 4,200円(税込:4,620円)

全国の模型店、家電量販店模型売場、オンラインショップなどで2021年11月発売予定。

ホビコレでもご購入可能です。

エッチングパーツももちろんご用意

もちろんこれまでと同様にこのキットにも専用のディテールアップパーツのセットが用意されています。

エッチングパーツは豪華2枚組。一般的なブレーキディスクやワイパー部品などに、キットのプラパーツでは透明部品で再現されたアンダーガード部分のパーツをエッチングで用意しています。

どういう仕上げにするか、迷うところですね。

さらに、セットには金属製のアンテナやシートのカーボン模様を再現するデカールシートも入っていますよ。

1/24 レーシングシリーズ ポルシェ 911 SC RS 1984 オマーン ラリー ウィナー用ディテールアップパーツ 2,400円(税込2,640円)

全国の模型店、家電量販店模型売場、オンラインショップなどで2021年11月発売予定。

ホビコレでもご購入可能です。


イギリスで育ったグループBポルシェのラリーカー。

素性の魅力も楽しいポルシェファン注目のキットです。

プラッツ/NuNuからはこれ以外にも同じ時代の911ベースのコンペティションモデル ポルシェ935ターボもモデル化しています。

プラッツ/nunu 1/24 ポルシェ935K3/80 1980ル・マン24時間レース 1/24 レーシングシリーズ ポルシェ 935 ...

作り比べてみるのもお勧めです。

この記事をシェアする

こちらもフォローよろしくお願いします