海上自衛隊ファンに見逃せないラインナップが登場。エフトイズの人気シリーズ、現用艦船キットコレクション第7弾

この記事をシェアする

1/1250 現用艦船キットコレクション Vol.7

手軽に作れる艦船モデルとして好評を頂いているエフトイズの現用艦船キットコレクションに第7弾が登場します。

海上自衛隊鑑定整備計画」というサブタイトルがつけられた新作。

スケールはいつものように1/1250。塗装済み組み立てキットで手軽に取り組んでいただけます。

今回は護衛艦が3隻と補給艦が1隻、さらに、楽しいドライドックのモデルが用意されています。

それではラインナップとその中身を見ていきましょう。

あさぎり型護衛艦 DD152 やまぎり

今回の護衛艦、まずは「やまぎり」。

1985年から91年にかけて8隻が建造された「あさぎり型」護衛艦の2番艦で1989年に竣工し、2011年に護衛艦へと艦種変更された艦です。

基準排水量は3500トン。全長は137m。

主砲は62口径76mm速射砲1門。その他にもシースパロー、アスロック、ハープーンのミサイルを搭載。

現在は護衛艦隊第11護衛隊に所属。横須賀基地を母港に活躍している護衛艦です。

あきづき型護衛 DD118ふゆづき

2007年から2009年にかけて4隻が建造されたあきづき型護衛艦の4番艦がDD118ふゆづきです。

2014年に竣工し、基準排水量は5050トン、全長は150.5m。

62口径の5インチ砲1門を主砲に20mm機関砲2基、Mk.41VLS32セルでシースパローなどを運用。

現在は舞鶴基地を母港とする第3護衛大群第3護衛隊に所属して活躍している護衛艦です。

たかなみ型護衛艦 DD112まきなみ

1998年から2001年にかけて5隻が建造されたたかなみ型護衛艦の3番艦がDD112まきなみです。

2004年に竣工、基準排水量は4650トン、全長は151m。

主砲には54口径127mm速射砲1門を装備。さらに、20mm機関砲2基、Mk.41VLS32セルでシースパローなどを運用。

現在は第3護衛隊群第7護衛隊に所属、大湊基地を母港に活躍している護衛艦です。

とわだ型補給艦 AOE424はまな

今回のエフトイズのセットには海上自衛隊が運用する補給艦も含まれています。

1985年から90年にかけて3隻が建造されたとわだ型の3番艦がAOE-424はまなです。

竣工は1990年。基準排水量8100トンで全長は167m。

貨油5700トン、食料500kgの物資搭載能力を持っています。洋上補給能力も持った補給艦がです。

3基の補給用門型ポストが感の姿を特徴づけています。

フルハルと洋上モデルで各艦を再現

以上4艦のモデルはどれもスケールは1/1250。いつものように艦底まで再現されたフルハルモデルと海に浮かんだ状態を表現する洋上モデルタイプでモデル化されています。

しかも、今回はフルハル状態のモデルは従来型の塗装でモデル化され、洋上タイプのモデルは2020年から海上自衛隊が導入をはじめているロービジ塗装で再現されています。

その仕上がりの違い、見逃せません。

これまでと同じようにフルハル仕様にはディスプレイベースが、洋上タイプには波板パーツがそれそれついています。

ドライドッグ、あります。

今回のセットの楽しみはもう一つ、ドライドッグがモデル化されたこと。

ドライドッグは全長が約15.5cm。もちろん今回のセットの各艦艇が入るのはもちろんです。

クレーンもモデル化されているのは嬉しいですね。ちょっとした情景したてのディスプレイが楽しめます。

しかも、実は護衛艦3隻のセットにはそれ俺ドライドッグの拡張パーツというのが入っているんです。

それらを揃えて、ドライドッグセットと組み合わせると、なんと、ドッグの全長が約22.5cmまで拡張可能。

このサイズ、1/1250スケールのいずも級が入るサイズなんですよ。

いかがですか、今回のエフトイズの現用艦船キットコレクション7。

楽しくなる仕掛けがいっぱいです。ぜひ発売を楽しみにお待ち下さい。

1/1250 現用艦船キットコレクション Vol.7

6,500円(税込:7,150円)※1ボックスの価格です

全国の模型店、家電量販店模型売場、オンラインショップなどで2022年1月24日発売予定。

ホビコレでもご注文可能です。

この記事をシェアする

こちらもフォローよろしくお願いします